【東京~沖縄移住日記5】三輪山~名古屋

前に私が書いてたFacebookの日記です。

okinawa5

2014/7/4 金曜日

深夜にバケツをひっくり返した様な大雨を受けて目が覚める。
眠るには快適な気温だったが、雨音はかなり響いて眠りを妨げた。
雨脚が落ち着いてきた頃にまた就寝し、日が昇るまで眠り、体を起こしたのは午前6時。

これから行く三輪山は、その山自体が神体となっており、雨が強いと登拝できない。
山に入れるか心配だったが、朝の洗顔などを済ませて一度桜井市にあるマクドナルドに向かう。
そこで携帯とPCを充電しながらアイスコーヒーとポテトを頼み、少し時間をつぶす。
沖縄での行動予定もある程度決めなければいけないので、ノートを取り出してやるべき事を書き出し、同時に今の心境をノートに綴る。
ノートに心境を綴る行為は数年続けていて、忙しい時や何から手を付けていいのかわからない時、心を整理し優先順位をつけるにはとても良い作業だと感じている。

8時に三輪山の駐車場に移動し、タオルと水を手に車を出る。三輪の天候は良好、昨日までの雨が嘘の様に晴れ渡り、三輪山が自分を歓迎してくれているかの様な気持ちになった。

これで3度目となる三輪山。
大体どこに何があるか把握しているので、大神神社と書かれた石碑の横にある鳥居の前で一礼し中に入る。
木漏れ日を浴びながら、拝殿へと続く長い参道を歩く。
この大神神社の中に拝殿があり、この拝殿は三輪山を拝観する為にあるもので、まずはこの荘厳な拝殿に手を合わせる。

三輪山への入山は、拝殿の奥にある挟井神社の横が入り口となっている。
朝9時から14時までの間のみ。
時計を見ると8時50分ごろだが、既に入山申し込みを行っていたので受付に入山希望と伝え、履いていたサンダルを脱ぎ裸足になり、ロッカーに水とタオル以外の全ての荷物を入れた。
素足で登らなければいけないという決まりはないし、トレッキングシューズ着用を推薦したい程特に舗装もされていない山道だが、今回は素足で登拝したい気持ちだった。
首に入山者が着用する鈴のついた白いたすきをかけ、木の棒を手に持ち心身を清めてから入山をする。

いつもよりゆっくりと一歩一歩を確かめるように三輪山を歩いた。(中での出来事は言うわけにはいかない)

下山後、足についた泥を落としロッカーから荷物を取り出して、長い道のりを歩いた為に両足が痙攣している状態のまま喫煙所に向かった。
そして全身汗だくのままもう一度大神神社の拝殿の方に戻り、お守りを購入しおみくじを引いた。

自分を曲げない事。
仕事は焦って決めない事。
吉と書かれた紙の中に記載されたもので心に残ったのはこの二つ。

三輪山は自分にとって大切な場所の一つで、必ずまた来る事になるだろう。

しばし休憩した後駐車場に戻り、明日車を名古屋港に預ける為、一路名古屋方面へ。
ぱらぱらと雨がちらつく中、車内ではももクロ、エビ中、Dragon Ash、デリックメイなどを聞きながら夕方頃に名古屋トラックステーションという所に到着した。
ここはトラック乗り達が休憩、車中泊をする場所で、乗用車のスペースも少しだけある。
シャワー室もありここで汗を流そうと思っていたが、トラック乗り以外は少し割高な料金だった為、少し考えた後に近所にあった天然温泉みなと花の湯に予定を変更し車を走らせた。

みなと花の湯の駐車場にて明日飛行機に持ち込む荷物をまとめた。
今回乗るスカイマークは預ける荷物が15kg以上になると超過料金発生らしいが、スーツケースを持った印象では15kgはオーバーしていそうな気がした。
少しぐらいなら仕方が無いと諦め、温泉につかり疲れを癒す。
3日連続でサウナに入っているし、毎回1時間以上はお風呂に入っているが、どの地方のお風呂もとても綺麗で外れがなかった。

扇風機の前で湯上がりの汗が引いてくるのを待っているとテレビから沖縄に台風接近のニュースが飛び込んできた。
車は明日預けて6日出港、沖縄には8日に到着し9日受け取りだが、これは日程がずれ込んでくると想定しておいた方がよさそうだと思い、沖縄での移動手段を考えた。
きっと数日の遅れで車は到着するはずだから、それまでは自転車移動か、レンタルバイクでもいい。その時に考えても遅くはない。

お風呂の後は隣になったイオン名古屋みなと店に車を移動させ、食材コーナーで夕食と氷を購入した。
東京に居るとあまり見かけなかったが、イオンの巨大さ、便利さは目を見張るものがある。
駐車場が4時間無料というのも気軽に行きやすい点の一つだ。

買い物を済ませ名古屋トラックステーションに戻り焼酎を飲む。
三岳は飲み干したが、少し余った茜霧島はそのまま車の中に置いていき、沖縄で飲む事にした。

今日でしばらく車中泊をする事はないだろう。
数日の車中泊で一番不便だったのは、冷蔵庫がない事と洗濯が出来ない事だ。
これさえクリア出来たらすごく快適に過ごす事が出来ると感じた。
明日は午前中に車を名古屋港に持っていき、それからスーツケースを引きながら一番近くにある柴田駅へ。
そこから中部国際空港へと移動し、18時5分の便で20時すぎにいよいよ沖縄に入る。

東京を出てどこか他に移住する決断をしたのは約1ヶ月半前、仕事のない日に調べものや準備に慌ただしい生活を送ってきたが、職探しや物件検索など東京で出来る事はやってきたと思うし、あとは行動を起こし計画をちゃんと実行していけばいいだろう。

あまり良い求人が出ていない事が一番心配な点で、今日出ていないなら週明けの月曜に求人が出てくる事を待つしかなさそうだ。
それでも自分が望むような求人が出なかったら、一時的に働けそうな農園はリサーチ済みなので、そこで数ヶ月過ごす計画に移行する。
準備はしてきたので色々な状況を想定したプランは立ててあるが、出来れば思い描いた青写真通りに事が進んでくれたらと願う。

富士山から新屋山神社、豊川稲荷、伊勢神宮、そして三輪山と、この地域で行きたい所は全て行けたし、様々な場所でパワーをいただいたので、うまくいくに決まっている。
きっと。
そう自分に言い聞かせ、不安な気持ちを奥の方へ追いやり蓋をして、水筒の中で少しだけ薄くなった焼酎を飲み干した。

続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました