【脱初心者】DTMer、作曲家の今すぐ出来そうな宣伝やPR戦略プラン

今回は

初心者から中級者になる為にやっておきたいPR方法

をまとめていきます。

 

そうは言いましても私はド素人に毛が生えた程度のアレですので、過去の色々な経験から考えてみたいと思います。

 

どうPRしていくのかもセンスが出ます。

 

脱初心者→中級者ってどの程度のもんなんですか?

music_pr

私の定義といたしましては、曲が作れてミキシングやマスタリングも行って、それをちゃんと発表してる状態の事を言います。

 

DAWの使い方も何となくわかるし、だいたいの事はつかめてきて、その次に行きたい!って方に向けた感じになります。

 

名刺代わりになるものを用意する。

 

名刺も一応用意しておいた方がいいですが、折角なので「何してる人なのかすぐわかるもの」を用意しましょう。

 

洋服だったら自分が作った服を着ちゃえばOKなのですけど、音楽となるとそうはいきません。

 

出来ればスマートに、相手に嫌がられる事なく伝えた方がいいですし、もっと言えば喜ばれるようなものだとベストです。

 

ウェブサイトを用意して、ロゴも作っておく。

 

今時ウェブサイトは必要ないかもしれませんが、ブログやSNS、あとはサウンドクラウドやYoutube等のアドレスが記載されているものがあると便利ですね。

 

ちなみに自分の楽曲をアピールする為にはメディアミックスを仕掛けていくと効果的なので、SNSやYoutubeといった発表できる場所はフルに使っていった方がいいです。

 

後はこれから出てくるダウンロードカードに情報を全部記載しておいてもいいです。

 

そして看板となるようなロゴがあると覚えてもらいやすいので、それも作っておきましょう。

 

自分で作る事が出来ないなら、グラフィックデザインを外注して作りましょう。

 

「なんか知らないけど、このロゴは観た事ある」というぐらい記憶に定着するものがいいです。

 

あとは自身のやってる事とイメージが合ってるかどうかも重要です。

 

超ミニマルな現代音楽のくせにサイケデリックな曼荼羅模様のロゴだったら「こいつヤベえ」ってなるので好きですが、多分一貫性を持った方がいいです。

 

ダウンロードカードを用意する。SONOCA、コンカ(CONCA)など

 

名刺代わりにダウンロードカードを携帯しておいて、パッと渡せるようにしておくと良いです。

コンカ | ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス
【無料サンプルあります】コンカはダウンロードカード・ミュージックカードを製作するサービスです。ダウンロードURLとシリアルコードが印刷されたあなただけのオリジナルカードが製作できます。

 

コンカとかSONOCAとか、こういったサービスを利用する事ですぐに作れます。

 

ちゃんとロゴなどをプリントして、それっぽくしておきましょう。

 

「タダじゃ悪いから」と言ってからあげクン奢ってくれる事もあるかもしれません。

 

オリジナルのUSBメモリをプレゼントする。

 

初期費用はかかっちゃいますけど、USBメモリならプレゼントしても喜ばれるでしょうし、自分が作った曲も聞いてもらえる可能性があります。

USBメモリ名入れサービス | サンワダイレクト
USBメモリ名入れをお探しならサンワサプライ&#123...

 

自分が貰っても嬉しいので、これは良さげです。

 

まぁお金はかかっちゃいますので、お財布と相談という形になりますね。

 

オリジナルグッズを作ってみる。

自分だけのオリジナルグッズを手軽に作成・販売 | SUZURI(スズリ)
オリジナルグッズを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。キミが気に入ったなら、この船に乗れ。

 

せっかくロゴを作ったんだからオリジナルグッズも作っちゃいましょう。

 

Tシャツでもいいですし、カップでもいいです。

 

で、ステッカーとかは事あるごとにプレゼントしちゃえばいいと思います。

 

Frekul(フリクル)で配信する。

 

サウンドクラウドやYoutubeにアップロードしているならフリクル同時にやってると思いますが、Apple MusicやSpotifyにも配信可能なので、がんがん使わせていただきましょう。

 

音楽の利点は、言葉が通じなくても全世界中の人に届けられるという点なので、最大限活用しましょう。

Frekul(フリクル) - 音楽活動支援サービス
Frekulは、あなたの音楽活動をサポートする「バーチャル・プロダクション」です。世界中の音楽サービスに配信する、レコード会社や音楽事務所にアピールする、全国のカラオケに配信する、などの機能をご提供しています。

 

 TuneCoreで配信する。

 

上記のフリクルと同じような流れですが、こちらも有名です。

 

金銭的な部分での違いが生じてきますので、どちらを使うかはお任せします。。

TuneCore Japan - あなたの音楽を世界に。
あなたの楽曲も iTunes, Amazon Music, Google Play Music など世界185ヵ国以上で簡単に販売・配信可能。権利はそのまま、収益100%還元。楽曲ファイルとジャケット画像があれば、誰でも簡単に配信ができます。

 

とにかくアピールできるものを準備しておく。

 

待ってても何も起きませんから、自分はこうゆう事やってるっす!っていうものを持ち歩いてた方がチャンスは広がります。

 

発表してなんぼですから、堂々と見せびらかしましょう。

 

実際に会った時だけでなく、SNS上でもすぐにわかるようにしておくといいです。

 

やりすぎ注意ですが、嫌味なくPRできたらいいですね。

 

余談ですが、名刺をお煎餅にして、それを手渡して「食べたいならアドレス登録しておいて」という手法を用いる方もいました。

 

以上です。

 

自営業で洋服作ってた頃の感じを思い出してみたのと、音楽だったらこうゆうやり方になるだろうなーっていう感じで書いてみました。

 

とにかくバッターボックスに立たないと話しになりませんから、がんがんPRしていっちゃえばいいんですよ。

 

訳わかんない服作ってる人でも堂々とPRして取引先見つけてた事もありましたから、チャンスを自分でがんがん掴みに行きましょう。

遊びと仕事の境界線がない人には勝てません。
...

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました