VRについて私が思う事と、今後期待したい感覚体験について。

今回は

VRを体験してみて思った事

について話していきます。

 

VRは以前に何度も経験していますが、腰を下ろして体験したのは初だったので、非常に楽しめました。

next_virtual_reality

VRの「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」を体験しました。

攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER
攻殻機動隊 新劇場版 バーチャルリアリティーダイバー登場!「あなたは体感する。あなたではない誰かになることを」新時代のテクノロジーで『攻殻機動隊』の世界に“電脳ハック”したあなたは、未知の感覚を体感することになる。

 

友人の家で体験させてもらいましたが、元々攻殻機動隊のファンだったので、そりゃもう感動ものでした。

 

演出も素晴らしいし、映像も綺麗ですし、もう満点以上の満足感です。

 

ファンにはたまりません。

 

もうこれは実体験と何も変わらない様な体験ができました。

 

VRで出来て、現実では出来ない事が沢山ある。

 

攻殻機動隊のVRでは、仮想空間の中で戦闘したり走ったり、ちょっと空間を移動したりと、色々と出来ます。

 

電脳の世界へダイブする情景や、異空間の中を飛び回る表現は、当然現実世界では不可能です。

 

この辺の体験ができるのはVRならではです。

 

ソードアートオンラインをご覧になった方ならわかると思いますが、もうあんな感じで自由に動き回れるといいですよね。

 

出来れば空を飛んでみたいです。

 

いつも出来ない体験ができてVRの技術にいたく感動してるわけですが、もっともっと進歩する余地はあると思ってます。

 

VRに欠けている知覚は、味覚、触覚、嗅覚

 

視覚、聴覚はもう現実世界と変わらないというより、コンテンツによってはそれ以上楽しめるのではないか?というのが率直な感想です。

 

電脳の世界にダイブする光景や、後ろや斜め上から声が聞こえるといった効果を用いる事で、実際に体験してるという「錯覚」が生まれます。

 

あとは触れられる事、匂いがする事、食べる事といった事が可能になれば、もうVR大勝利!って感じになりそうです。

 

VRに「触覚」を取り入れている例

 

攻殻機動隊でいうと、桜が舞っている場面で、桜に触れたり、体に散った桜が当たったりといった表現ができるようになったらすごい事です。

 

そういえばディズニーランドに似たようなものがあった記憶がありますが、「触る」という事が可能になっているデバイスは作られています。

exiii | Wearable Haptic Tech for VR & AR
exiii develops EXOS, wearable force feedback haptic technology for VR & AR.

 

exiii社の「EXOS Wrist DK2」ですが、こちらは手で触っている感覚を表現してくれるデバイスです。

 

これからもっとこういったデバイスが出てきてほしいですし、VR空間の中にあるものに触れられる事ができるようになれば、ますます現実世界と区別がつかなくなる気がします。

 

味覚と嗅覚をVRに取り入れるのは、そこまで難しくない気がします。

 

例えば映像に合わせて匂いがするようにセッティングしておいたり、VR空間と同じようなタイミングで何かを口にするだけで良さそうなので、割と簡単にできそうです。

 

そんな単純じゃない気もしますが、むしろテクノロジーに頼らなくても自力で何とかできそうな気がします。

 

VR空間でお好み焼きを食べるタイミングと合わせて、手に持っているお好み焼きを本当に食べるとか。。

 

これは一気にアナログ感出ますね。

 

これはこれで楽しめそうなんですが、どうなんでしょう。

 

しかし多少のVR酔いを経験しました。

 

ほんの少しだけですが、映像を見続けて10分後ぐらいにVR酔いがしてきました。

 

VR酔いの原因は諸説あるのですが、VRで体験している感覚と、実際の感覚に不一致が生じているせいでVR酔いが発生してしまう様です。

 

VR空間ではダッシュしてるのに、自分の体は椅子に座ってるだけといった状況だと、三半規管が混乱してしまう訳ですね。

 

友人はもうちょっと酷いVR酔いを大変したみたいですが、この辺は慣れなのでしょうか。

 

ずーっと見続けているのは大変かもしれません。

 

ヘッドセットも蒸れてきますし。。

 

というかここまで絶賛しておいてアレなんですが、ヘッドセット付けるっていう行為は古いですよね。

 

仕方ないのですけど、もうコンタクトレンズぐらいのサイズになってくれたら良いのですが、もうちょっと先の話しになりそうです。

 

ゴーグルをもうちょっとコンパクトに出来たらいいのにと思います。

 

いかがでしたでしょう。

 

VRの世界の中であんなにリアルに感じられる様になったなら、現実世界に存在する意味って何なのだろう?みたいなことも考えてしまいました。

 

とにかくVRは素晴らしいですし、今後もどんどんVRの世界に入っていきたいですが、後は触れられるデバイスか何かあればもっと楽しめそうだなと思います。

 

イノフェスに行った時に、VR空間でドラムができるゲームがありましたけど、そんな感じのものが増えてくると面白そうです。

【2019年版】都内にあるおすすめの大型ゲームセンター10選。
...

 

ちなみに私は前の少佐の方がやっぱ好きですよ。

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました