【DTM】初心者向けコンプレッサーの使い方解説【設定】

今回は

作曲初心者に向けたコンプレッサーの解説

です。

 

DTMを始めてみたはいいけど、鬼門となる部分がミキシング、マスタリングかなと思いますので、まずはコンプレッサーについて話していきます。

 

コンプレッサー (Compressor)

dtm_compressor

コンプ(comp)と表記されてる場合もありますが、コンプレッサーは音を圧縮(compression)するエフェクターです。

 

「スレッショルド」というパラメーターで、圧縮したい音の場所を決めて(しきい値)、そのしきい値を超えた音を圧縮するという使い方をします。

 

「レシオ」でしきい値を超えた音をどのくらい圧縮するのか調整して、「アタック」で圧縮し始める速度を調整して、「リリース」で圧縮し終わる速度を決めるのですが、他にもパラメーターはいくつかあります。

 

基本的な事だけ頭に入れておけば使えると思いますが、使いこなすとなると難しい点も多い気がします。

 

コンプレッサーはダイナミクス系エフェクターに分類されます。

 

ダイナミクス系エフェクターというのは、主に音の強弱、表情を付けていくエフェクター類です。

 

他にも空間系や、モジュレーション系などがあります。

 

コンプレッサーのパラメーターの解説

 

お使いのコンプレッサーによってパラメーターは変わってきますが、ほとんどのコンプレッサーに付いてるパラメーターだけ解説していきます。

 

スレッショルド (Threshold)

 

コンプレッサーの場合、このスレッショルドで設定した音量より大きい音を圧縮します。

 

例えばスレッショルドを「-7dB」に設定しておくと、-7dBを上回る音に対して圧縮をかけて、音が小さくなるという事です。

 

スレッショルドで設定した値を下回っている音に対しては、コンプレッサーは動作しません。

 

レシオ (Ratio)

 

スレッショルドで決めた数値を超えた音に対して、このレシオというパラメーターでどのくらい圧縮するかを設定します。

 

レシオの数値の見方ですが、「2」や「8」、「30」といった数字が記載されているコンプレッサーに関しては、分母の値という認識でOKです。

 

スレッショルドを「-7dB」、レシオを「2」に設定するとします。

 

すると、「-7dB」(スレッショルド)を超える音を「1/2」(レシオ)に圧縮する設定という事になります。

 

アタック (Attack)

 

スレッショルドの値を上回る音に対して、どのくらいの早さでコンプレッサーが作動するか決めるパラメーターです。

 

ms(ミリセカンド)で表記されている事が多いですが、1msは1,000分の1秒です。

 

スレッショルドを「-7dB」、レシオを「2」、アタックを「10ms」に設定するとします。

 

すると、「-7dB」(スレッショルド)を超える音を「0.01秒後」(アタック)に「1/2」(レシオ)に圧縮する設定という事になります。

 

リリース (Release)

 

アタックと逆で、スレッショルドで設定した値を下回った時、どのくらいの早さでコンプレッサーを停止させるか決めるパラメーターです。

 

リリースを「50ms」に設定すると、スレッショルドを下回ってきた音に対して、「0.05秒後」までコンプレッサーが作動し続けます。

 

スレッショルドを「-7dB」、レシオを「2」、アタックを「10ms」、リリースを「30ms」に設定するとします。

 

すると、「-7dB」(スレッショルド)を超える音を「0.01秒後」(アタック)に「1/2」(レシオ)に圧縮して、スレッショルドの値を下回ってきた音に対して「0.03秒後」(リリース)までコンプレッサーがかかる設定になります。

 

autoというボタンがある場合は、オートリリース出来るので、よくわからない場合、時間を短縮したい場合はボタンをポチっと押しましょう。

 

ゲインリダクション (Gain Reduction)

 

コンプレッサーの場合だと、どの程度圧縮できているか確認できるものになります。

 

ゲインリダクションが作動していると、いま音が圧縮されているよって判断でOKです。

 

GRと表記されてる場合もあります。

 

ニー (Knee)

 

スレッショルドで決めた値の繋がりを操作できるパラメーターです。

 

滑らかにコンプをかけたい時は、この値を上げてソフトニーという設定に出来たりします。

 

ゲイン (Gain)

 

メイクアップ(Make-up)という表記になっているものもありますが、音量を調整できるパラメーターになります。

 

音を圧縮する事で音量が下がってしまうので、このゲインで調整をするという訳です。

 

コンプをかけたら「-4dB」になってしまった場合、ゲインを「+3dB」ぐらいにしてあげるといった使い方をします。

 

Auto Gainが付いてるコンプレッサーもありますので、ポチっと押すだけでもOKです。

 

マルチバンドコンプレッサー (Multiband compressor)

 

上記のコンプレッサーと基本的な構造は同じですが、マルチバンドコンプレッサーは帯域ごとにコンプレッサーをかけていけます。

 

低音だけ、高音のキンキン聞こえる所だけ、みたいなやり方ができます。

 

いかがでしたでしょう。

 

エフェクターはまだまだ沢山ありますが、1個ずつ使いこなしていきましょう。

【ミックス、マスタリングの作法】ドラムパートのミキシングの手順をざっくりと公開します。
...
CUBASEでのパラアウトとステムミックス(サブミックス)のやり方と解説。
...

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました