【Game】PCでゲームを始めたい方に、ゲーミングPCのメリットとデメリット

eスポーツ関連の話しです。

 

eスポーツって何?って所から、eスポーツの種目をお話ししました。

 

今回はPCでゲームを始めたい方に向けて、

PCでゲームをするメリット、デメリット

についての話しになります。

 

PCでゲームをするメリット

gaming_pc_merit_demerit

まずはメリットからです。

 

ゲーム機本体が必要ない。

 

当たり前じゃん!て話しですが、PS4やXbox Oneで発売されているゲームがPCで遊べるので、ゲーム機本体を購入する必要がありません。

 

ゲーム機本体に依存せずゲームが出来る。

 

PCひとつあれば、PC版しか無いゲームも、PS4のゲームも、PS2のゲームも、ファミコン風のゲームもダウンロードして遊べます

 

Playstation Storeのゲームアーカイブスでも買えますけど、プレイステーションで発売されていたものが中心です。

 

過去のソフトや個人で作ったゲームも遊べる。

 

レトロ風なゲームから、ファミコン風のゲーム、中にはクソゲーも勿論ありますが、色々発売されてます。

 

あとPCの場合は独立系の開発会社(ゲームベンチャーや個人)が作ったゲームも遊べます。

 

画質の調整が出来る(綺麗。ぬるぬる動く。)

 

PS4も解像度を調整できますが、もっと細かく自分好みに調整が出来ると言っても過言ではないでしょう。

 

PS4ProやXbox One Xも4Kで楽しめますけど、フレームレートを考えるとPCに軍配が上がりそうなイメージを持ってます。

 

ゲームによっては安い。

 

これは時と場合によりますが、Steamでは不定期にセールを行っていて、人気のあるタイトルでもいきなり50%オフになったり、昼飯代ぐらいで良さげなゲームが購入できる事もあります。

 

しかし、PCゲームの場合、中古で売買する市場が活発ではありませんから、ゲームによってはamazonや街にある中古ゲーム屋さんで手に入れた方が安い場合もあります。

 

後は新作ゲームも、PC版は値段が下がるまで時間が多少かかるのに対し、街のゲーム屋さんの場合は新品でもジリジリと値段が下がっていきますよね。

 

この辺はほんと時と場合によるかなーという印象です。

 

オンラインでプレイしやすい。

 

ゲーミングPCを購入する時点でインターネットに繋ぐ事が前提ですから、スムーズにオンラインでゲームを楽しめます。

 

Xbox liveやPlaystation Plusといったものに加入しなくてもオンラインでゲームが出来ます。

 

基本無料のゲームが出来る。

 

League of Legends(LoL)や、Dota 2は基本無料です。

 

基本無料ですぐに遊べるのもPCでゲームをやるメリットと言えますね。

 

アカウントがあればどこのPCからもインストールして遊べる。

 

PCを買い替えても、アカウントにログインしまして、そこからゲームをダウンロードすればゲームできます。

 

予めゲームがインストールされているなら、自分のアカウントにログインするだけでOKですね。

 

ロードが早い。(が、スペックによる)

 

完全にPCのスペック次第です。

 

PS4Proも早いらしいですし、SSDに交換する事で変化が現れるみたいですね。

 

MODを使える。

 

例えばFallout4のMODなら、霧や夕焼けといった天候をよりリアルにしてくれるMODや、プレイ中のBGMを変えてくれるMODもあります。

 

eスポーツで採用されているゲームが出来る。

 

主にPC版しか発売されていないゲームですが、家庭用ゲーム機ではプレイできないゲームも存在してますので、これはメリットと言えるでしょう。

 

PCは他の用途にも使える。

 

ゲームのみならず、ブラウジングやメール、youtube鑑賞といった事も出来ますね。

 

何たってスペックが悪くないPCなんですから。

 

ですが、家庭用ゲーム機でも、ゲームをプレイする以外にNetflixやyoutubeを鑑賞できる機能がありますし、テレビの録画もできますから、何とも言えない所なんですが。

ゲーム実況の始め方講座。必要な機材やyoutubeにアップロードする手順などまとめ。
...

 

PCでゲームをするデメリット

 

次はデメリットです。

 

ゲーミングPCが高い。(実機の方が安い)

 

まずはこれです。

 

例えば5万円でお釣りがくるPS4PROと同じぐらいのスペックを求めるとなると、ゲーミングPCでしたら10万円近くかかります。

 

日本語対応していないゲームもある。

 

この辺は攻略サイトなどを見ていけば解決しそうな問題ですが、日本語対応していない場合は自力で日本語パッチをダウンロードして、パッチ適用という流れになります。

 

日本語パッチを適用するとBANされる可能性が出てくるゲームもありますし、そもそも日本語パッチが無い場合は英語でプレイする事になります。

 

プレイできないゲームもある。

 

家庭用ゲーム機のみでプレイできるゲームが存在してますので、ダウンロード版が発売されていないものはプレイできません。

 

これは家庭用ゲーム機にも言える事なんですが、どっちもどっちでしょうか。

 

設定が面倒かも。

 

全くわからない方が最初だけ困るよーって程度なんですが、ゲーミングPCを購入して、ゲームをダウンロードしてプレイするまでに、色々と調べた上で進めていくハメになると思います。

 

知識のある方なら何も問題はないです。

 

不具合があると面倒かも。

 

どのパーツがどんな役割を果たしているのか、ある程度理解していないと困る点もありそうです。

 

ですが理解してしまえば、パーツ修理、または交換で済みますので、この辺はメリットになるかもです。

 

ゲーム機本体よりも場所が必要。

 

ちょっとの差かもしれませんし、ゲーミングPCをタワー型やミニタワー型ではなくノートPCにしちゃえば問題はないのですけどね。

 

こだわりだすとお金が飛ぶ。

 

「ゲームをプレイする」という点だけで見ると、コストはかかります。

 

PCなわけですから使用用途は多岐にわたると思いますし、ゲーム以外にも使用するわけですから、ゲームする為にいくら使ってるんだろうって考えると難しい所なんですが。

 

新しいグラボにしたいとか、マウス買い替えたいとか、コスト面でいったらデメリットになりますね。

 

中古ゲームを売るのが難しい。(ゲーム機本体も)

 

新作で購入して、値が下がらないうちにクリアして即買取!みたいな流れも出来ません。

 

あとはプレイしなくなったゲーム機本体ごと売るって事も出来ませんね。

 

使わなくなったゲーミングPCを売れるって考えるとデメリットにはならない気もしますが。

 

以上です。

 

メリットとデメリットはこんな所でしょうか。

 

良い点、悪い点を考えた上での購入をおすすめします。

 

こちらもどうぞ。

eスポーツとは?種目(ゲーム)や大会の賞金、日本の有名選手などなどまとめます
...

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました