やりたい事の見つけ方のコツや、やりたい事があるのに行動できない理由について

「やりたい事が何となくあるけど行動できない」

 

「行動したいと思っていたら一日が終わった」

 

「なんか面倒になっちゃう」

 

みたいな経験ありませんか。

 

私は毎日そんな事を思ってる気がしますが、そこで今回は

 

やりたい事の見つけ方のコツや、やりたい事があるのに行動できない理由

をまとめていきます。

 

自分を戒める意味もあるのですけど、せっかくなのでシェアして行動できる人間を量産してしまおうと思います。

 

基本的には私の体験談をもとに話していきますのでご了承ください。

 

  1. やりたい事があるのに行動できないのはなぜか?
  2. 変えるより現状維持の方が楽である。
  3. 行動して失敗が怖い。
  4. 考えすぎて行動に移せない。
  5. 映像で確認して満足しちゃう。(情報過多)
  6. 目標が高すぎて何からやったらいいかわからない。
    1. 時間がない、疲れたから今日は無理
    2. 行動しなくても生きていけるから。
    3. 結局は自分に都合のいい言い訳を探して行動しないだけです。
    4. 「やりたい事なんて見つからなくて当然」というメンタルを持つ。
    5. とにかく今やりたい事をやってみる
    6. 今やりたい事が特にないなら、興味の少しでもあるものにトライしてみる。
      1. やりたい事、興味のある事がわからない場合の対処法
      2. 子供の頃にはまっていた事、なりたかった職業、やりたかった事を思い出す。
      3. 死ぬまでにしたい事を100個あげてみて、今出来る事をやってみる。
      4. もう何もしなくていいという状況になったら何をしたいのか真剣に考えてみる。
      5. 一生それしか出来ない状況になったら何をしたいのか真剣に考えてみる。
      6. やりたい事に対して貪欲に行動する。
      7. どんな人間になりたいか、どんな生活がしたいかを考える。
        1. それでもやりたい事が見つからない場合はどうしたらいいのか。
        2. 無理やりにでもやりたい事を見つけ出していく方法
        3. 全く興味のわかない事にトライしてみる。
        4. 毎日新しい事に挑戦する。
        5. とにかく強制的に10個プランを出して、全部やる。
        6. で、次の日もやりたいと思ったら続けてみる。
        7. 続けてみて苦じゃないと思ったら続けてみてもいい。
        8. ダメならまた10個探してトライ!
        9. 旅に出て情報遮断する。
          1. やりたい事は、やらないうちはわからない。
          2. とにかく今やってて楽しい事をやる。
          3. 将来の事よりも今楽しいかどうかが大事。
          4. とにかく行動して飛び込んだ方がいい。
          5. いかがでしたでしょうか

やりたい事があるのに行動できないのはなぜか?

behavior_mentality

行動するという事は、現状維持していたものを変えていく行為になります。

 

例えば1時間早く起きて資格取得の為に勉強をするとしましょう。

 

いつもより早く起きなければいけないというのは勿論ですが、前日は早く就寝する必要がありますし、その為に食事やシャワーの時間帯も考えなければいけません。

 

いつもと違う事をするという行為は基本面倒ですし、現状を維持しても生きていけるなら無理して行動する必要ないんじゃない?といった心理になります。

 

そして翌日に「また行動できなかった。。」と頭を抱えるスパイラルに陥るのです。

 

変えるより現状維持の方が楽である。

 

筋トレしたい!作曲したい!もの作りしたい!英語習いたい!といったやりたい事があったら、日々の生活の中に新しくやりたい事を行う時間を確保しなければいけません。

 

1日単位で言うと様々なスケジュールの変更が必要になってきますよね。

 

この時点でかなり面倒で、

「そこまでしてやりたい事なのかな」

「今やらなくてもいっか」

みたいな悪魔のささやきが聞こえてきます。

 

これじゃいつもの繰り返しです。

 

行動して失敗が怖い。

 

やりたい事があるけど才能なかったらどうしようとか、失敗してしまい「出来なくなった」らどうしようとか、やる前から失敗する事を考えてしまいます。

 

こういった思考は「失敗を引き寄せている」行為になってしまうのですけど、どうしてもぼんやりと恐怖に包まれてしまう事があります。

 

ちょっと話しは脱線しますけど部屋に飛来生物Gが居ないか心配、恐怖っ!と思って家の隅々までGが居ないか確認しちゃう行為も実際はGを自分で見つけに行っちゃってるんですよね。

 

まぁこの話はいいんですけど。

 

考えすぎて行動に移せない。

 

これはクリエイティブ関連の事にトライしたい方に多い気がします。

 

「こうゆう感じの洋服作りたいんです!」

 

と言う人がいたとして、じゃあ実際どんな服作ってるんですか?って聞いたら

 

「あ。これから作ります」

 

という回答が返ってきます。

 

作りたいものは頭の中に沢山あって、デザイン画もしっかり作り込んであって、何となく世界観は伝わってくるけど実際に洋服は全然作ってないってタイプです。

 

圧倒的にアウトプットが足りない状況です。

 

映像で確認して満足しちゃう。(情報過多)

 

いつかパリに行ってみたいと考えていてyoutubeでパリの街並みを観たり、時にはグーグルマップで街を徘徊してみたりと、パリに心底惚れこんでいる人が居るとします。

 

もうyoutubeなどではハイクオリティで映像として確認できますし、想像力を働かせてしまえばその場にいるような体験も出来てしまいます。

 

で、結構満足しちゃって終わりというパターンも行動できない理由の一つにある気がします。

 

上記の考えすぎて行動に移せないパターンにも似ていますが、映像である程度の体験が出来てしまうので一定の満足感が得られてしまうのです。

 

目標が高すぎて何からやったらいいかわからない。

 

憧れのあの人みたいになる!と息巻いて目標設定をめちゃくちゃ高くしてしまうと何から手を付けていいのか不明瞭になってしまいます。

 

非現実的な目標にしてしまうとリアリティがなくなってしまい結局何も出来ずに終わってしまう事が多いです。

 

例えば英単語を半年で1000個覚えるという目標設定をした人と、英単語を一日1個覚えるという目標設定をした人とでは、すぐにやる事が明確になるのは後者だと考えます。

 

後者はとりあえず英単語を1日に1個覚えるだけでいいのに対し、前者は半年で1000個をマスターするにはどうしたらいいのか?という所から入ります。

 

そして計画を立てていく事に時間を費やしてしまい、「何となく目標に近づけた気がする」という小さな満足感を得てしまい実際は英単語を全然マスターできずに3か月後、5か月後ぐらいに焦りだしてしまう結果になる危険性があります。

 

時間がない、疲れたから今日は無理

 

これ、結構当てはまる気がして耳が痛いのですけど、どうしても仕事をしていると時間が無くなってしまい夜になると疲れたから早めに寝たいという気持ちになってしまいます。

 

どうしても無理なら仕方がないのですけど実際のところ本当に時間がないのか疑問が残ります。

 

時間がないという割にはyoutube観たり特に興味のないヤフーニュースをぽちっと開いてたりします。

 

行動しなくても生きていけるから。

 

仕事をしている場合は特にそうですが、とりあえず仕事に行っておけば生きていける状況にある方が大半だと思います。

 

やりたい事に対して行動をしなくても、ある程度の生活は保障されている状況下ではたしてやりたい事を無理してやる必要があるのか?という疑問が沸いてきます。

 

そうやって有限である時間や老化は進行していくのですけど行動しなくても生きていける状況であれば危機感を抱く事は難しいですよね。

 

結局は自分に都合のいい言い訳を探して行動しないだけです。

 

私自身もそうですが結局はやらない理由を見つけ出して都合のいい言い訳をして行動をしないだけなんですよね。

 

行動に移せない理由、原因をちゃんと理解した上でコントロールしてあげて行動に起こせる人間になってしまえばいいだけなんです。

 

言うのは簡単なのですけどね。。

 

「やりたい事なんて見つからなくて当然」というメンタルを持つ。

 

やりたい事があるのに行動できない心理をまとめてみましたが、次はやりたい事の見つけ方についてです。

 

本末転倒な話しですけどやりたい事ややりたい仕事が自分で理解できていて、それを実際にやっている人はあまり居ないのだという事を理解しておきましょう。

 

どうしてもやりたい事を仕事にしている人がクローズアップされてテレビやネットで拝見する機会が多いので錯覚してしまうのですが、何がしたいのかわからないけどとりあえずやってるって人も多くいます。

 

とにかく最初からハードルを上げないで沢山トライしてみて1個やりたい事が見つかればラッキー!ぐらいに思っておきましょう。

 

とにかく今やりたい事をやってみる

 

もし今、何かやりたい事があるのであれば今すぐトライしてみましょう。

 

ぼんやりとトライしたい事がある程度でもオッケーですから、まずは行動です。

 

ゲームでもいいですし睡眠でもいいですし絵を描いてもいいですし映像を作る事でもいいですし、とにかくやってみましょう。

 

今やりたい事が特にないなら、興味の少しでもあるものにトライしてみる。

 

あの、やりたい事がないから困ってるんですけど?って方は興味がほんの少しでもあるものにトライしましょう。

 

ほんの少しでもいいです。

 

美味しいコーヒーが飲みたいなら評判のいいコーヒー豆を買いに行くのでもいいです。

 

素敵な洋服が作りたいならデザイン画を描いてみてもいいですし、百貨店に高級な洋服を見に行って試着だけさせてもらうでもいいです。

 

ほんのわずかでも興味があるなら行動してみる価値が十分にあります。

 

やりたい事、興味のある事がわからない場合の対処法

 

やりたい事も別にない、わからないし、自分自身で興味のあるものすらわからないという方は自己分析をしていくのが効果的です。

 

子供の頃にはまっていた事、なりたかった職業、やりたかった事を思い出す。

 

子供の頃に思い描いていた夢や、なりたかった職業から導き出せる事もあります。

 

私の場合はUFOやオーパーツ、解明されていないものに非常に興味があって考古学者になりたいなーと思ってる時期もありました。

 

物心ついてからはサッカー漬けの毎日だったので学生時代にバンドとかやってみたかったなーとか、そういった感じで「やり残した事」を考えていって、今やりたい事を考えてみましょう

 

思い返せば学生時代に音楽やってみたかったけど出来なかった反動でDTMに手を出したのかもしれません。

 

死ぬまでにしたい事を100個あげてみて、今出来る事をやってみる。

 

私の場合は沖縄に住んでみたかったので沖縄移住を決断しました。

 

沖縄でやりたい事をどんどんやろうと決意し今できる事をやっていく日々を送っていました。

例えば、

  • サーフィンをやってみる
  • ジョジョを全巻読む
  • ナルトを全巻読む
  • 作曲を始めてみる
  • 株式投資をしてみる

 

といった様に、ほんとどうでもいい事もトライしてみましたけどそこから本当に継続してやりたい事が見つかってくる事もあります。

 

東京から沖縄へ移住した経験を踏まえて、沖縄移住のメリットとデメリットをまとめます。
...

 

もう何もしなくていいという状況になったら何をしたいのか真剣に考えてみる。

 

孫の代までの貯蓄があり働かなくていいし時間も沢山あるという状況になったら、自分は何をするのか真剣に考えてみましょう。

 

何にもしないで過ごすとお答えになる方ももちろんいらっしゃると思いますが、何もしないでボーっと毎日を過ごすのも苦痛なもんですよ。

 

ゆっくりと休んだ後でもいいので数か月何もしないで過ごした後、何をして生きていきたいのか考えてみましょう。

 

天気がいい日は釣りをして夕方になったらお酒を飲んで友だちとくっちゃべってゲームして映画を観てぐっすり8時間は寝たいというライフスタイルを想像してみてもいいです。

 

上記の場合だと、釣り、お酒、コミュニケーション、ゲーム、映画というキーワードが出てきますから、そこから掘り下げていって考えてみましょう。

 

一生それしか出来ない状況になったら何をしたいのか真剣に考えてみる。

 

今度は何でも出来る状態ではなく一生それしか出来ない状況になったら何を選択するか考えてみましょう。

 

寝る食べる以外は一生ゲームしか出来ない、一生サッカー観戦しか出来ない、一生作曲しかできない、一生旅しか出来ない。

 

どれか一つしか選んじゃダメという制約の中で選んだものが、もしかしたら本当にやりたい事なのかもしれません。

 

やりたい事に対して貪欲に行動する。

 

やりたい事が見つからない、やりたい仕事がわからない原因の一つに自らやりたい事を見つけに行っていない事が挙げられます。

 

行動はもちろん考えもそうです。

 

本当にやりたい事は何なのか真剣に考えていない場合も多いです。

 

どんな人間になりたいか、どんな生活がしたいかを考える。

 

それでもやりたい事、やりたい仕事がわからない場合はどんな人間になってどんな生活がしたいのか考えてみましょう。

 

例えば土日ちゃんと休めて残業が少なくて、ある程度の給料がもらえるならそれでいいならどうしてそう思ったのか。

 

働きたくないなら、なぜ働きたくないのか?仕事以外の時間に何をしたいのか?まず仕事をしたくない理由は何なのか?といった様に突き詰めていきましょう。

 

どんな人間になりたいのか考えていくやり方としては、だれか身近な人でもメディアに出ている人でもいいのでこんな人みたいな生活を送りたい!という人物を探してそこから何故あの人みたいな生活を送っていきたいのか考えてみます。

 

それでもやりたい事が見つからない場合はどうしたらいいのか。

 

結論としては、誰にでもやりたい事はあると思うのですけど、それを真剣に考えていない事が大きな原因だと思ってます。

 

自己分析が足りないのか、行動力が足りないのか、理由は様々ありますが実はやりたい事がわかっているのに見て見ぬふりをしているという複雑な心理状況も考えられます。

 

もうちょっと強制的にというか、やりたい事が本当に見つからないからどうしよう!っていう方向けに話していきたいと思います。

 

無理やりにでもやりたい事を見つけ出していく方法

 

強制的にといったらアレですけど、多分この方法をこなしていけばきっとやりたい事がわかってくると信じております。

 

全く興味のわかない事にトライしてみる。

 

友人に誘われているけどずっと断り続けていた集まりに参加してみるとか、登山に挑戦してみるとか、自分じゃ絶対に選択しないようなアクティビティにトライしてみるのもお勧めです。

 

ひょっとしたらメチャクチャはまるかもしれませんし、あぁやっぱり嫌だったなぁと思うかもしれません

 

そんな時は嫌だった理由を書き出します

 

何故嫌なのかを理解する事で自分は何が好きで何が嫌なのか理解できるきっかけになります。

 

毎日新しい事に挑戦する。

 

やりたい仕事ややりたい仕事が見つからない、わからないという方は圧倒的にやりたい事を見つけに行く行動力や自己分析が足りていない状況が考えられます。

 

なので半ば強制的に行動に起こす為に毎日何かしらの新しい事に挑戦してみましょう。

 

普段飲まないお酒を飲む事でもいいですし、普段聞かない音楽を聞いてみる事だったり普段行かない所へ行くといったやり方でもいいです。

 

いつもと同じ毎日では思考も凝り固まってしまいますし、新しい何かを取り入れる事によって本当に好きな事や本来の自分はどんなものに興味を持っている人間なんだという事を再認識できるかもしれません。

 

とにかく強制的に10個プランを出して、全部やる。

 

新しい事なんて思いつかないよ!って感じちゃうかもしれませんが、とにかく今すぐに10個出して1個ずつ毎日挑戦してみましょう!

 

どんな些細な事でもいいです。

 

ずっと気になっていたお店に入ってみるとか何となく海に行ってみるとかキャンドル作ってみるとか何でもいいです。

 

とにかく現状を少しでも変えて新しい風と取り入れていきましょう!

 

で、次の日もやりたいと思ったら続けてみる。

 

新しい事にトライしてみて、もう2度とやりたくない!と思ったらやらなくてオッケーです。

 

その時にはちゃんと理由を考えて自分はどういう事をしていると苦痛に感じるのか書き出してみましょう。

 

同じ作業をずっとやってる事が苦手なのか体を動かす事が好きなのか室内は嫌なのかなど、細かな事でもいいです。

 

続けてみて苦じゃないと思ったら続けてみてもいい。

 

やりたい!と思わなくても別に苦じゃないなーってぐらいの事なら続けてみましょう。

 

最初のうちはこれがやりたい!と感激してしまうような事でないにしても続けていくうちにハマっていく事も多くあります。

 

私なりの基準ですが続けても苦痛に思わない事というのが一つのボーダーラインです。

 

やりたい事といっても時には嫌になる事もありますし面倒だなぁと思う事もあります。

 

ですけど続けてみて、後で振り返ってみた時に「めちゃくちゃ嫌ってわけでもなかったな」と思えるものは大事にしてます。

 

ダメならまた10個探してトライ!

 

トライアンドエラーの繰り返しをしていき、ダメなら次ダメなら次!と気持ちをさっさと切り替えていきましょう。

 

やっていくうちに自分自身が興味のある事の傾向が見えてくると思いますしそこからどんどんフォーカスを当てていき、トライしてみたい事を考えていきましょう。

 

旅に出て情報遮断する。

 

それでもダメなら旅に出ましょう。

 

出来れば何もない所、夜になったら真っ暗になっちゃうぐらい田舎がいいです。

 

そこで携帯電話やテレビ、ネットも遮断してじっくり考えてみましょう。

 

考えるというよりボーっとしてみてもいいです。

 

やりたい事は、やらないうちはわからない。

 

これがしたい!この仕事がしたい!と思い描いたところで実際やってみたら全然違ったなんて事は日常茶飯事です。

 

なのでもう挑戦し続けていく他ありませんしその中でやりたいと思った事、ずっと自分の中に残っていくものだけにどんどん絞っていくのが効率的だと思ってます。

 

はじめからやりたい事がわかってる人なんて居ませんし、今やりたい仕事に就けている方だって最初は全然好きじゃなかったけどどんどん熱中していったっていう方も多くいらっしゃいます。

 

とにかく今やってて楽しい事をやる。

 

結論これです。

 

好きな事を好きなだけやっていたら想像もしていなかった扉がバン!と音を立てて開く事も十分にあり得ますから、とにかくやりたい事に熱中して、貪欲に楽しみましょう。

 

将来の事よりも今楽しいかどうかが大事。

 

ゲームばっかやってても将来何の役にも立たないしなぁ。。とか、youtubeばっか観てても仕方ないよな。。。みたいな心配はこの際置いといて、今この瞬間に楽しい事、熱中できる事にとにかく没頭しましょう。

 

それが仕事になるかどうかは後で考えてとにかく楽しむ事です。

 

どこからどう繋がっていくかわからないのですからとっとと楽しんでしまいましょう。

 

とにかく行動して飛び込んだ方がいい。

 

英語を習得したいなら英語圏に飛び込んじゃった方が手っ取り早く習得できますし、洋服作りたいなら洋服を毎日作るとか、デザイナーのアシスタントになっちゃうのが手っ取り早いです。

 

とにかく行動をして興味のある分野、好きな事に飛び込んでいってみる事をおすすめします。

 

それで「あぁ何か違ったかな」と思えば引き返して1から始めてしまえばいいのですし、飛び込まないと適性すらわかりませんからどんどん突入していきましょう。

 

いかがでしたでしょうか

 

自分にも言える事なのですけど、「あれがやりたい」「この仕事がしたい」と思って下準備だけ進めても、結局のところ行動しなければ何も始まらないのですよね。

 

いくら準備をしていても、先に行動に起こした人の方が先に行けますから。

 

ではでは諸々応援してますよ。

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました