基本情報技術者試験を受けてきましたので、勉強法などをまとめておきます。

というか結構前ですが試験を受けてきました。

 

暗記したり勉強したり、頭フル回転で試験に臨んだりする事は数年なかった気がするので貴重な体験となりました。

 

今回は

基本情報技術者試験までの流れや勉強法

についてまとめてみます。

 

基本、私みたいな全くIT関連の事には絡んだ事のないような人間向けの勉強法になってしまうと思われます。

 

基本情報技術者試験とは

fe-study-programing

FEと略されて表記される事が多いですが、とりあええず基本情報技術者試験てITエンジニアの登竜門という書き方がされてます。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験
情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」ページです。

 

IT系の会社に就職したい学生さんは資格持っておけばアドバンテージとなる可能性もおおいにあります。(多分)

 

何より知らない事を知るという事は単純に楽しいものです。

 

1.とにかく参考書を読む

 

試験に申し込んだ日にアマゾンで参考書を購入しました。

 

キンドルで買っちゃえば外出時に隙間時間で進められるのでおすすめです。
結構分厚いです。

 

最初から全然理解できずに苦しみながらですが、時間をかけて全部読み切りました。

 

理解に苦しむところは結構飛ばしながら、試験の全体像を知っていくといった作業です。

 

出来れば試験2か月ぐらい前から取り組んでおきたい所ですが、気合入れたら1か月とか2週間前でもいけるはずです。(多分)

 

2.過去問道場で午前の過去問を解く

 

午前は完全なる暗記ゲーなので過去問をとにかく解きまくる事で高得点が狙えます。

 

で、毎日のようにお世話になっていたのが過去問道場です。

基本情報技術者過去問道場

 

前の試験のためにお金を出して過去問を購入する必要はないと言い切れるぐらい便利で使いやすいです。

 

出来れば過去問は一通りやった方がいいのでしょうが、やってみればわかる通り問題の使いまわしが多いです。

 

なので5から10期分ぐらいの過去問を完璧に回答できるようにしておけばいい気がします。

 

過去問は隙間時間に解きましょう。

 

ちなみにアプリもありますし、無料のもあります。

 

午後の試験が本当の戦いなので、午後の勉強に時間を割くためにスケジュールを組んでいくのがおすすめです。

 

過去問は直近のではなく、5期ぐらい前の過去問を中心にして幅広くやっていけばいいと思います。

 

2.5.出来ればもう一度参考書を読む。

 

一度ささっと読んで過去問を解きまくった所で、もう一度参考書をじっくり読みます。

 

わからないところは理解できるまで読み込みましょう。

 

これは時間があればでいいかと思いますが、確実に取りたいならばやっておいて損はないです。

 

出題の傾向がわかった上で理解を深めていく感じですね。

 

3.午後の試験の準備

 

さて、鬼門の午後の試験の準備です。

 

午後は選択問題があり、13問中7問を回答する形になります。

 

  • 問1が情報セキュリティ(必須)、
  • 問2から問7のうち4問を選択して回答、
  • 問8がアルゴリズム(必須)、
  • 問9から問13のC、COBOL、Java、アセンブラ、表計算の中から1問選択

 

こんな形です。

 

問2から問7はハードウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計、プロジェクトマネジメント、経営戦略などなど様々な分野から出題されます。

 

4.午後用の参考書を読む

 

上記の参考書も一応午後問を網羅してますが、もっとやっておきたかったので午後用の参考書も購入しました。

 

キタミ式の参考書に書いてあるものと重複してる部分もあったんですけど、理解が深くなった気がしてます。

 

深掘りして勉強しておきたい方にはおすすめです。

 

あとはアルゴリズムも何だかよくわからなかったので、アルゴリズムの本も読みました。

 

アルゴリズムはいまだに理解しきれていない部分が多いです。

 

あとこちらも、

 

最初はC言語を選択してやろうと思ってましたが、途中で時間がない事に気付いて表計算にチェンジしました。

 

プログラミング言語の選択ですが、試験合格が一番の目的なら表計算でもいいと思います。

 

ちょっとかじった事のある方ならC言語とか、理解してしまえば難しくないといわれているCOBOLなんかもいいと思いますが、もうCOBOLが廃止になってPythonが追加されました。

 

5.午後用の過去問を解く

 

かなり時間がかかりますが、やっておいた方が絶対いいです。

 

参考書に載ってる知識だけで太刀打ちできるような内容じゃない問題もありますが、じっくり考えたら解ける問題もあります。

 

実際、午後は時間も結構あるので問題をざっと読んでからどれを選択するか決めてもいいんじゃないかと思いました。

 

時間配分は気を付けないといけませんが。

 

当日は早めの到着を

 

基本は看板みたいなの持った方が会場案内をしてくださっていると思いますが、道に迷う事もありますし早めに出発した方がよさげです。

 

あとご飯は買っていった方がいいです。

 

最寄りにコンビニ等あれば問題ないでしょうけど、当日の時間の使い方もけっこー重要ですし、特に午後は頭使いますので。

 

あと場所にもよりますが、私がいった某大学は禁煙でした。

 

申し込みはお早目に

 

約2か月前には試験の申込が終了してしまうので、早めに申し込みだけでも済ませてしまいましょう。

 

ではご検討をお祈り申し上げます。

 

資格取得の為に勉強するなんてここしばらく無かった事なので非常に楽しめました。

 

次は違う資格を狙ってますが、会社で取らされる資格取得が最初になっちゃいそうです。

【入門】初心者向けの無料でプログラミングが学習できるサイト【独学】
...

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました